話し方講座・講演 他            

 @ コーチング 話し方コーチン内容など(クリック)

1961年 

NHK東京 ラジオ教育局にて、学校放送番組で児童出演者の演技指導担当

1986年

バンクーバー EXPO’86交通博、日本館スタッフのボイス・コーチ

1989年

大阪EXPO’90,ハワイ館のプロモ−ション、ボイス・コーチ

1994年

エアーカナダ乗務員採用試験の日本語審査官を努め、日本語のコーチング担当

2002年 バンクーバーにて、カリフォルニアのThe Coaches Training  Institute (Fulfillment  Course ) の集中講座を3日間、計24時間受講。 国際コーチ連盟の会員となり、1年間バンクーバー支部の研究会に参加
2004 東京銀座のクリニック医師、エステサロンのスタッフ向け「話し方のコーチング」を開始
2007年

バンクーバーにて個人、グループ向けの「話し方のコーチング」を開始

2009年

アボッツフォード、ペンティクトンにて個人、グループ向けの「話し方のコーチング」

2010年

将来、医学に進む大学生の姉妹にホノルルに集合して話し方の特訓

 

東京でOL2名と就職活動中の女子大学生にグループレッスン実施

 

銀座のクリニックで漢方薬指導員にグループレッスンで実習

             バンクーバー・エキスポ (1986)

“話し方”グループレッスン (2007)

A 講座 

1990年 

10年間、カナダ州立サイモン・フレーザー大学異文化言語コミュニケーション日本部で文化を通じての日本語講座を担当

2008年
2009年
 

サレーの大学に依頼され映画「二十四の瞳」に出演した経験を通じて、日本文化学科3年生に講義をしました

B 企業セミナー

1993年 

「Cheena」にて、スタッフに接客の「話し方コーチング」 

 

タイムス・スクエアー旅行社の依頼で日本への旅の心得を講演

1994年

バンクーバー免税店のスタッフ・トレーニング

2009年

スカイランド・トラベル旅行社の依頼でスタッフに集中講座(電話の対応)

C セミナー

1999年

グラッドストーン日本語学園卒業生に「社会に出てからの大切な敬語の使い方」
バンクーバー日本語学校教師に指導法のコーチング

2002年 

矢野アカデミー日本語教師勉強会

D 講演 

1990年

10年間、州立サイモン・フレーザー大学異文化言語コミュニケーション日本部で文化を通じての日本語講座を担当

1989年 JICA(国際協力事業団)より、カナダの優良移住者に選ばれ、女性ジャーナリストとして訪日。日本各地で「カナダの生活」を講演
1996年 東京のインターナショナル・インターンシップ・プログラム研究所にて「海外で日本文化を通じて、いかに日本語を教えるか}をテーマに80余の受講者に講義
2002年 矢野アカデミーの勉強会(日本語教師養成講座卒業生)を対象に、「美しい日本語の大切さ」を講演
  バンクーバー貿易懇話会、桜楓会、新移住者の会、日系女性の会「すみれ会」、「コスモス・セミナー」での講演で「カナダ暮らし」の体験談を語る
2004年 東京の「JTBロング・スティ・プラザ」、「倶楽部海外ぐらし」にてカナダ暮らしの愉しみ方を話し、以後、毎年講演のため訪日、ロングスティのパイオニアとしてカナダの紹介に努めている
2010年

大阪では個別指導の実践講座で参加者には即、役立った
介護の仕事では特に語り掛けに充分な考慮と経験が必要であることを強調し、ペアを組み寸劇に依る、グループレッスンの効果を上げた

 

仙台ウエルネスセンターでは、バンクーバーで行われて記憶も未だ新しい冬季五輪のスライドショーから、カナダの暮らしとボランティアの紹介にまで多岐に渉った

 

東北工業大学経営コミュニケーション学科では新入生80名にカナダの学生ライフを紹介し「自他を活かすボランティア活動、自分が輝くために」と題して講演した後、自分にも出来るんだと早速キャンパス内のボランティア活動に申し込んだ学生が4名も居て、学科の教授を喜ばせた

 

仙台自由大学での講演には35名の参加が有り「人は知らぬ間に話し方と言うオーディションを受けている。人生劇場と言うオーディションを勝ち抜くための人生の切り開き方」のテーマを与えられ質疑応答を交え、2時間の熱い集いとなった

 

仙台の仕事帰りのキャリアウーマン、12名との食事会では、カナダの働く女性の逞しさ、積極性等に関しての話をし熱心な質問を受けた

 

 埼玉県のロータリークラブ会員の依頼で30分の講演を行った。カナダでの育児、教育、医療、暮らし、娯楽、スポーツ、政治、ビジネスまでの質問に答えながら卓話に興じた。参加者の多くがカナダのシニアライフやロングスティに興味、大いに有り

 

現在はカナダ人に日本語会話の入門講座(初級)も行い、来加中のシニア、語学留学生に上級講座(特に敬語、所作)を指導中 。

10年間続いたSFU大学での講座 1990) 倶楽部海外ぐらし (2006)
 
大阪 コミュニケーションスキル 2010) 東北工業大学 (2010) 仙台自由大学 (2010)
 

E 審査

1990年

1990年エアーカナダの乗務員採用試験の日本語審査員の後、日本語の話し方や文化講座を担当 

1994年

総領事館の依頼でBC州日本語スピーチコンテストの審査員も97年まで3年間ボランティアで行う

F 司会、ナレーション

1979年

この年より13年間、バンクーバーのマルティカルチュアTV局、日本語番組の司会、インタビューアーとして来加の女優、藤山直美の特別インタビュー及び歌手の加藤登起子舞台インタビューも行った

1989年

カナディアン航空の機内アナウンスでスカイ・ショパーのボイスオーバー。ウイスラー・リゾートのスキー・エスプリ、シアトル不動産協会、グラウス山・空中劇場の日本語ショーのプロデューサー兼ナレーター

 

その他、木材、水産、食品、ホテルなどの日本向けPR製作に数多く参加

2006年

日系文化センター創立5周年祝賀式典の司会を務め、建設募金共同委員長、同プログラム運営委員、ナショナル日系ヘリテージ協会の理事を得て、5年間のボランティア記録とした

G ラジオ・TV

1959

近畿ラジオ放送のDJを経て、民放TV局の連続ドラマに出演

1994年

NHKラジオ深夜便に海外レポーターとして出演。文化放送、朝の番組でカナダからの話題提供

 

西日本TV局の招きで訪日、ドキュメンタリー特別番組、映画「二十四の瞳」四十周年後の出演者同窓会に参加。この映画は1954年に上映され、その年の映画各賞をさらった名作とされている。12歳で子役として出演、高峰秀子主演の名画に参加

1998年

ナレッジ・ネットワークTV局の「Pacific Profiles」にブリティッシュ・コロンビア州の各界で活躍する知名人物と共に選ばれ、15分間シリーズのインタビューを受け、北米ネットワークで再放映が続いた

2007年

ロスアンゼルスの日本語ラジオ番組で「今、北米で輝く日系女性」に選ばれ30分のインタビューを受けた

 H 記載記録

1977年

日本からの観光客向け情報誌「トラベルカナダ」にエッセイ「江戸っ子ママの奮戦記」を連載

1981年

トロント発行「日加タイムス」支局長としてバンフ訪問記他、各地からのリポート記載

1989年 訪日の際、読売新聞「顔」欄に紹介された他、毎日、東京中日新聞にも活動が掲載され
日経新聞に退職移住者の現状をリポート
1991年

日系市民協会「月報」の「People」インタビュー欄で紹介される

1993年

「バンクーバー新報」見開き頁のインタビュー記載、エンジョイカナダシリーズ「大河内南穂子の、そこが聞きたい」連載

1996年 四国新聞社よりエッセイ「瞳からの旅立ち」を上梓し、日本図書館協会の選定図書となる
1997年 「カナダジャーナル」に「カナダ塾」連載
1999年

「月報」和英両文のフロントぺージ特集で活動を紹介される
この間、「婦人公論」に桐島カレンの取材記、JAL[ウインズ」、「リクルート」の「とらばーゆ」にも寄稿

2006

JTBパブリッシング発行の千葉千枝子著「バンクーバー・ロングスティ術」
イカロス出版の季刊誌「羅針」及び「カナダでロングスティ」にも記載

2007年 集英社発行「ロングスティ・バンクーバー」の取材も受け、コスモス・セミナーも紹介される
2008年

6回連載で月刊誌「福祉の広場」にカナダの暮らしに付いて記載。「コミュニケーション」から「ユニバーサルに生きるバンクーバーの人々」等の内容

からの旅立ち (1996)        カナダ塾(1999) 月報 1999)

 

Copyright (C) Naoko Ohkohchi 大河内南穂子All Rights Reserve
www.naokocanada.com

 

top